短期の派遣社員として働く意義を実感!

イキイキと働ける環境でした

ストレスで長年勤めた会社を辞めましたまずは短期で派遣求人を探してみることにイキイキと働ける環境でした

具体的には、担当者を面接官と見立ててシミュレーションを5回ほど実施しました。
自分で上手く振る舞えたつもりですが、敬語の使い方をはじめとして指摘された箇所は少なくありません。
しかし、そのおかげで自信を持って当日に臨めるようになりました。
誠意を込めて働きたい気持ちとスキルをアピールしたところ、すぐに気に入ってもらえたので良かったです。
働き始めてからも特に困ることはなく、チームの人たちと良好な関係を築けました。
自分が受け持ったのは3カ月であり、業務内容はその後に実施されるプロジェクトの土台づくりです。
特異なプログラミング言語を駆使して、プロジェクトで使用するプラットフォームを制作しました。
前職のようなプレッシャーがなかったので、ポテンシャルを十分に発揮できたと自負しています。
実際、その仕事ぶりに満足した先方が契約の更新を求めてきたぐらいです。
自分としてもまだ働きたかったのでそれに応じ、プロジェクトにもアドバイザーとして参加することになりました。
自分には短期という区切りがとても合っており、漠然と労働するよりも強い集中力を得られます。
成果を出したいという感情が喚起され、創意工夫のインスピレーションに恵まれるといった具合です。
ですから、長期の契約を提案されたときも、短期が良いという希望を聞いてもらいました。